活動報告

活動報告2020-03-19T17:02:13+09:00
All受講後アンケート慈善活動報告保護者ご感想小学生中学生高校生大学生男子女子
 

受講後に行った慈善活動もしくは成果

プログラムに参加した以降、目的を持って生活する事が、少しずつできてきていると思います。ありがとうございました。

2019年6月、学校の美化ボランティア活動に参加しました。応募した生徒で、地域の方々と一緒に、普段人が多く通る場所の花壇にお花を植えました。花壇の前を通った人が笑顔でありがとう、と言ってくれたので、とても嬉しかったです。

また、9月には学校の代表として、東京都合唱コンクール出場し、見事、賞を獲得する事が出来ました。昼休み返上し練習をし、夏休みもお盆の期間以外ほぼ毎日3時間半練習をし、頑張った結果が出たので、とても嬉しかったです。

今後やりたいと思っている慈善活動

貧困を無くす為の活動がしたいです。

まずは、周りの人達から不要になった服や靴を集めて、貧困に苦しんでいる人達に寄付をしてあげたいです。その際、直に会って、手渡しであげる事ができたら、より人々への理解が深まるのではないかと思います。

学んだこと/良かった事

互いに話し合ったり、動いたりなどワークが楽しくメリハリをつけてプログラムを受ける事が出来ました。

現在のゴールや自分のイメージが未来の自分の実績につながると知る事が、前向きなイメージを持とうと思う事が出来ました。

ジュニアナイトとしてやってみたいこと

学校で互いを尊重し合う仲間を増やしながらボランティアなど活動の範囲を広げたい。

受講後に行った慈善活動もしくは成果

とても勉強になり、自分を成長させることができました!参加して良かったです。

地球温暖化から人類75億人全員を守るため、従来から開発していた二酸化炭素回収装置の実用化に向けた改良はもちろん、夏休みには2ヶ月かけて、吸収した二酸化炭素を取り出すことができる装置を発明、実用化しました。二酸化炭素は、実は私たちの身の回りの様々なもの、例えば服、レジ袋、車や飛行機やロケットの燃料・・・等々に化学反応を経て変化する可能性を秘めており、温暖化を止めつつ、私たちの生活をさらに豊かなものにすることが可能です。その実現のため、受講後に研究にさらに力を入れて取り組んでいます。

今後やりたいと思っている慈善活動

今後は、「二酸化炭素から車の燃料を作る」という研究に取り組んでいく予定です。これを達成すれば、従来のガソリン車を、特別な改造なく、完全にカーボンフリーな燃料で走らせることができるようになります。これは、温暖化を止めつつ人類の生活の利便性も維持する、一石二鳥の慈善活動です。さらに、各地での講演などを通じ、人々に温暖化対策の大切さを訴えていく活動もしていきます。

学んだこと/良かった事

未来から過去への時間の流れがあることを、ゴールを達成するために大切なことなど大人になる上で大切な事を知れた。

ジュニアナイトとしてやってみたいこと

まずは将来にやりたいことを見つけるために色々経験したい。

学んだこと/良かった事

何かに挑戦してみたいとか将来どうなりたいかと考えたときにいつも考えては自分の中で「どうせ無理だ現実的に考えないといけない」と思っていたけれど、このプログラムでもっと自分でやりたいと思った事に正直に向き合って挑戦していこうと思える様になりました。

ジュニアナイトとしてやってみたいこと

もっと他の人たちにもこの考え方を教えてげたいし、みんながやりたいことをやりたいだけできる様な機会やイベントをやってみたいです。

学んだこと/良かった事

目標を決め、過去ではなく未来を見ることの重要さが分かりました。高いゴールを決め高いエフィカシーを持って行動しようと思うことが出来ました。

ジュニアナイトとしてやってみたいこと

他人のゴールを尊重し困っている人がいれば自分から助けたいです。

Load More