慈善活動報告00011_大学生

/, 大学生, 男子/慈善活動報告00011_大学生

慈善活動報告00011_大学生

受講後に行った慈善活動もしくは成果

とても勉強になり、自分を成長させることができました!参加して良かったです。

地球温暖化から人類75億人全員を守るため、従来から開発していた二酸化炭素回収装置の実用化に向けた改良はもちろん、夏休みには2ヶ月かけて、吸収した二酸化炭素を取り出すことができる装置を発明、実用化しました。二酸化炭素は、実は私たちの身の回りの様々なもの、例えば服、レジ袋、車や飛行機やロケットの燃料・・・等々に化学反応を経て変化する可能性を秘めており、温暖化を止めつつ、私たちの生活をさらに豊かなものにすることが可能です。その実現のため、受講後に研究にさらに力を入れて取り組んでいます。

今後やりたいと思っている慈善活動

今後は、「二酸化炭素から車の燃料を作る」という研究に取り組んでいく予定です。これを達成すれば、従来のガソリン車を、特別な改造なく、完全にカーボンフリーな燃料で走らせることができるようになります。これは、温暖化を止めつつ人類の生活の利便性も維持する、一石二鳥の慈善活動です。さらに、各地での講演などを通じ、人々に温暖化対策の大切さを訴えていく活動もしていきます。

2020-03-28T09:40:46+09:003月 16th, 2020|慈善活動報告, 大学生, 男子|

About the Author: