慈善活動報告00010_小学6年生

/, 小学生, 男子/慈善活動報告00010_小学6年生

慈善活動報告00010_小学6年生

受講後に行った慈善活動もしくは成果

僕は、一昨年から猫を飼っています。その猫は、ただの猫ではなく、小さいときに捨てられて、お母さんがいない為、ウイルスから守れず白血病になっていました。おまけに片目も見えません。余命が三年と言われましたが、せっかくなのでぼく達が飼ってあと三年幸せに生きてもらおうと考え保護し、買うことにしました。

そして、三年目を迎えたので、いつ体調を崩すかが心配でした。そんな中、五月の授業を聞きました。その授業では、若い僕達が社会にボランティアなどで貢献すれば、社会がより良くなるだろうと理解し、身近のボランティアを探したところ、「余命少ない猫を飼っているなら、その命を充実して過ごしてもらうことも大切な社会貢献」ということを近所の教会の先生から教えていただきました。そこで、次の日から、友達の獣医師の息子に聞き、自分にできることは無いのかを探しました。家にいるときは、空調など、今まで以上に細部に渡り、気をつけました。また、かけがえのない毎日をたくさん愛を注いで一緒に過ごしました。病院にお見舞いに行った時は、積極的に食べ物などを持ち、元気になるように支えました。

ですが、残念ながらこの10月に亡くなってしまいました。でも、僕は、悔いは無いと思っています。なぜなら、自分がやれることやれたと感じているからです。

今後やりたいと思っている慈善活動

僕は、将来、保護されている犬や、猫を飼いたいと思います。この事を通じ、直接的に社会に貢献できなくても、こういう事が貢献に繋がってると考えたからです。少しでも殺処分される犬、猫を救い、人間も動物も幸せになれる社会を創っていきたいと考えています。

2020-03-16T16:53:35+09:003月 16th, 2020|慈善活動報告, 小学生, 男子|

About the Author: