保護者ご感想00001

/, 女子/保護者ご感想00001

保護者ご感想00001

小学校3年生の保護者

このたびは、大変貴重な機会を頂きましてありがとうございました。5月の研修会のお昼休憩の際、学校の授業では退屈そうにしている娘が、用紙いっぱいにびっしりと書いたノートを手に、私たち父母に早口で講義内容を語ってくれた時、この子の中で何かが大きく変化しつつあると感じました。

その後の生活の中で、娘は本気で「ゴール設定」を考えるようになりました。「パパのゴールはなに?」などと、家族に聞いて回ります。だんだんと、「ゴール」や「エフィカシー」といった言葉が普段から使われるようになりました。

研修会から1カ月ほどたった6月のある日に、「いろんなひとが幸せに暮らせる社会をつくる」というゴールが定まりました。その後は、娘が勝手に情報を集めてきて、ゴール達成に向けて走り出しました。教員としてのわたくしの活動にも次第に関心を持つようになってきて、いくつかの市民活動はともに行いました。

自分のゴールに向かって進んでいるという点で、エフィカシーが高く維持されているようで、学校でも、苦手教科を質問しに行ったり、リレーの選手に選ばれたりなど、これまでにない充実した日々を送っています。こうした変化のきっかけを与えてくださったみなさまには、心より感謝を申し上げます。また、素晴らしいプログラムに関わらせて頂いたものの一人として恥じぬよう、わたくしたちも精進致します。

2020-03-16T16:06:18+09:002月 17th, 2020|保護者ご感想, 女子|

About the Author: